『シズカゲルは乾燥する』⇒あきめる前にコレを試して!  

シズカゲルを使っても乾燥する?これを試してみてください。

 

シズカゲルだけだと乾燥する…』

 

そんな風に感じている方はいらっしゃいませんか?

 

 

オールインワンという事で、これまでラインでケアをしていた方からすると、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

 

かくいう私も、シズカゲルを使い始めた頃は肌がつっぱり、乾燥を感じていました

 

ですが、続けていくうちに目安量より少なくてもしっかり潤うようになったんです。

 

 

そこでここでは、シズカゲルで乾燥を感じてしまう原因や、対処法までをまとめさせていただきました。

 

『乾燥するなら他のにしようかな?』と諦める前に、やれることはたくさんありますよ(^^)

 

 

 

 

 

 

『シズカゲルは乾燥する?』その原因について

 

まずは乾燥してしまう原因から、確認していきましょう。

 

 

肌の状態が整ってない

 

私自身がそうでしたが、最初はシズカゲルだけでは少し物足りなさを感じました。

 

しかし2週間、3週間と継続していくちに、目安量より少なくてもしっかり潤うようになったんです

 

 

シズカゲルには”最強の保湿成分”と言われるセラミドや、”浸透性が高い”と言われるスクワランなど、もともと人の肌に存在している保湿成分が配合されています。

 

それらを継続的に肌に与えていくことで、肌自体の水分保持能力が向上したという事だと思います。

 

 

シズカゲルを使い始めたばかりの方は、もう少し継続してみて見るのも1つです。

 

 

シズカゲルはオールインワンなので、『化粧水で水分を与え・・・クリームでしっかり蓋をする』といったライン使いほど、水分を閉じ込める作用は期待できません。

 

しかし保湿層である角質のケアに特化した成分が配合されているので、継続していくことで肌の水分保持能力が向上していくことが期待できます。

 

 

 

使用量が多すぎ or 少なすぎ

 

これも肌質が関係していますが、目安量がよりも多く塗った場合、成分が浸透しきらずに蒸発してしまうことがあります

 

また少なすぎる場合も、もちろん乾燥を招いてしまうでしょう。

 

特に混合肌の方はムラができやすいので、まんべんなく塗ってあげることがポイントです。

 

 

 

強くこすりすぎ

 

肌は”こする”という刺激に弱く、角質はすぐにダメージを受けてしまいます。

 

すると水分も蒸発やすくなってしまうので、乾燥を感じやすくなります。

 

『オールインワンだからしっかり塗らないと!』という感じで、無意識に力が入ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。
(私がそうでした…)

 

 

 

 

 

 

手厚いケアは肌をなまけさせる』とも言われています。

 

外から保湿成分を補う事ばかり重視していると、肌自体の保湿能力が低下してしまうという事です。

 

そんな方がいきなりオールインワンに変えた場合、物足りなさを感じるのはある意味当然です・・・。

 

 

オールインワンのメリットには、以下のようなメリットがあります。

 

  • 手軽なケア
  • 時短になる
  • あれもこれも付けないので、軽い仕上がりになる
  • 1本でOKなので、コスパが良い

 

せっかくシズカゲルが手元にあるなら、そのメリットを活かせられるよう、少し工夫してみませんか

 

シズカゲルで乾燥した時の対処法を、ご紹介していきます。
私が実際に試したこともまとめていますので、参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

乾燥を感じた時の対処法

 

1つずつ確認していきましょう。

 

1回の使用量を工夫してみる

 

乾燥する原因の1つで、『使用量が多いと肌に成分が浸透しきらない』という事を伝えさせていただきました。

 

なんとなくそんな感じがする方は、1回の使用量を減らし、2度塗りをする方法がオススメです

 

シズカゲルの1回目安量は4pですが、これを2pと2pに分けたり、少しプラスして3pと2pに分けて塗っていきます。

 

1回の量が少ないので肌なじみもよく、2重でコーティングしてくれるので、水分の蒸発をしっかり抑えてくれます。

 

 

シズカゲルの目安量は、パッケージの裏に書いてあります。

見ながら量を調節できるので、やりやすいと思います。

 

 

もしも、オールインワン特有のモロモロ(クズのようなっもの)が出た場合は、塗る量が多すぎる証拠です。

 

ちなみに私は、3pと2pでケアしていました。

 

ほんの少し多いだけなのに、結構しっとりしますよ(^^)

 

 

 

ピンポイントの重ね塗りもオススメ

 

一度塗った後、乾燥が気になる場所にピンポイントで塗っていくという方法もオススメです。

 

特に、目元・口元・Uゾーンは皮脂量が少なく乾燥しがち。

 

少し意識して塗ってみましょう。

 

この重ね塗りは、シズカゲルに限らずオールインワン全般に効果的といわれています。

 

 

 

バターを溶かすイメージでマッサージ

 

こすりすぎはよくありませんが、マッサージの方法を少し意識してみるのも1つです。

 

シズカゲルには”シア脂”といわれる成分が配合されていて、これは”シアバター”とも言われています。

 

バターというだけあって、人の体温で溶けていく特徴があるので、温めながらゆっくりマッサージしていくのがポイントです

 

ホットケーキやトーストの上でバターが溶けていくように、じっくしじっくりなじませていきましょう。

 

※個人的には、結構これを意識していました。

 

 

 

パックとして使うのもアリ

 

『とにかく物足りない』と感じる方は、シズカゲルをパックのように使ってみてはいかがでしょうか。

 

入浴中や入浴後に、少し多めに顔に乗せ、5分ほど待ちます。

 

毛穴が開いているので成分が浸透しやすく、贅沢な仕上がりになるのでオススメです。

 

週に1〜2回、スペシャルケアとして取り入れてみるのも良いかと思います。

 

 

 

シズカゲルは軽めのテクスチャ:併用もオススメ

 

どうしても保湿力が物足りない方は、化粧水などと併用するのもOKです。

 

オールインワンにもいろいろな種類があり、中にはこってりしたものもあります。

 

その中でもシズカゲルは軽めのテクスチャなので、併用しても重い仕上がりになりません

 

 

  • 『サラッとした仕上がりが好み』⇒化粧水や美容液を加える
  •  

  • 『少し重たくても、しっとり感が欲しい』⇒クリームを加える

 

という感じで、選んでいただくのがオススメです。

 

 

ちなみにメーカーさんは、このようにお話しされています。

 

併用する際は、なるべく低刺激なものを選ぶのが良いかと思います。

 

 

 

 

できそうな方法だけでも良いので、よければ実践してみてください。

 

シズカゲルの基本的な使い方やコツについては、こちらでまとめています。
併せて確認してみてください。

 

 

 

 

 

 

まとめ:シズカゲルで乾燥する場合の原因と対処法

 

シズカゲルは、この4つのオールインワンのメリットに加え、

  • 手軽なケア
  • 時短になる
  • あれもこれも付けないの、軽い仕上がりになる
  • 1本でOKなので、コスパが良い

 

美白ケア、エイジングケアも一緒にできる”というのが特徴です。

 

 

またアットコスメの口コミを見ると、これまでいくつものオールインワンを試してきた方も、シズカゲルに高評価を残しています。

 

もし手元に残っている方は、諦めず1本使い切ってみてはいかがでしょうか。

 

きっと変化が出てくるはずですよ(^^)