シズカゲルでそばかすは消せません⇒ですが…

シズカゲルでそばかすは消せません…ですが

 

シズカゲルは、美白ケアを売りにしたオールインワンで、海外メディアにも注目されています。

 

 

そばかすにも効果があるの?」という疑問を抱えている方もいらっしゃると思いますが、

 

シズカゲルを使っただけでは、そばかすを消すのは正直難しいです

 

しかし、

 

全く効果が期待できないわけではなく、しっかりとそばかすケアに貢献してくれる部分もあります。

 

そこでここでは、シズカゲルのそばかすケアのおおける強みについて、少し踏み込んでまとめてみました。

 

本当のところをまとめていますので、検討されている方は是非参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

シズカゲルはそばかすケアにも使えるの?

 

そばかすは、大きく2種類に分けられます。

 

 

遺伝的なもの

 

遺伝が関係する場合、5〜6歳あたりからそばかすができ始めます。

 

そして思春期に向けて徐々に濃くなり、それ以降は自然と薄くなっていくことが多いです。

 

ただ”遺伝”といっても、紫外線による刺激がそばかすを発症させる要因になることがわかっているので、ここにシズカゲルが介入できるポイントがあります。

 

シズカゲルは、お子さんにも使うことができます。

 

 

 

後天的なもの

 

大人になってから、そばかすができる方もいらっしゃいます。

 

主な原因は”紫外線”と言われているので、こちらもシズカゲルの美白ケアに効果が期待できるといえるでしょう。

 

後天的なそばかすには、女性ホルモンやストレスなども関係しているので、そちらに関しては、化粧品でどうこうできない部分でもあります。

 

 

 

 

 

以上のように、シズカゲルは遺伝的、後天的なそばかすのどちらにもアプローチができます。

 

ただ、そばかすを消すというわけではなく、あくまで紫外線から肌を守ることで…

 

  • 予防する
  •  

  • 濃くならないようにする
  •  

  • 色を少しずつ薄くしていく

 

といった効果が、シズカゲルには期待できます。

 

 

次は、シズカゲルのそばかすケアにおける強みを見ていきましょう。

 

 

 

 

 

強み@:メラニン色素に対し多角的なアプローチが可能

 

紫外線を浴びると、肌の奥にあるメラノサイトという細胞が刺激を受けます。

 

それがきっかけでメラニン色素が生成され、肌に沈着することでそばかすとして現れます。

 

シズカゲルには、

 

  • メラニン色素の生成を抑制する
  •  

  • 沈着したメラニン色素を排出する

 

といった作用を持った成分が配合されていて、これが、そばかすのケアにおける1つ目の強みです。

 

 

シズカゲルの筆頭成分:フラバンジェノール

 

フランスに生息する松が原材料の成分で、メラニン色素の生成を抑制し、そばかすを予防する作用があります

 

 

また紫外線を浴びると肌には活性酸素が発生するのですが、これにより肌のターンオーバーの周期が乱されてしまいます。

 

その結果メラニンの排出が遅れ、シミやそばかすとなって現れる事に…。

 

フラバンジェノールは、この活性酸素に抗する力がかなり強力で、

  • ビタミンCの約600倍
  • コエンザイムQ10の約250倍

 

と言われています。

 

筆頭成分というだけあって、そばかすを予防したり、今以上濃くならないようにするには、頼もしい成分です。

 

 

 

厚生労働省認可の美白成分:アルブチン

 

アルブチンにも、メラニン色素の生成を抑制する作用があります。

 

この成分の強みは、美白作用があるとして厚生労働省に認められているという事。
(医薬部外品美白有効成分)

 

しっかり効果が確かめられている、信頼できる成分です。

 

 

 

メラニン色素を多角的に処理:ビタミンC誘導体

 

ビタミンCは、そばかすのケアによく用いられる成分で、メラニン色素に対して3つの作用を発揮します。

 

  1. メラニンの生成を抑制する
  2. 沈着したメラニンを薄くする(還元)
  3. 肌のターンオーバーを促し、メラニンを除去する

 

つまり、そばかすを予防することはもちろん、既にできてしまったものに対しても、アプローチができるということにです。

 

 

 

 

 

以上のようにシズカゲルには、そばかすを予防し、そして薄くする作用を持った成分が配合されています。

 

 

 

 

 

強みA:乾燥もそばかすの原因に!?シズカゲルの保湿作用について

 

肌の乾燥はバリア機能の低下を招き、紫外線などの外部刺激の影響を受けやすくなります

 

その結果メラニン色素が大量に生成され、そばかすを悪化させてしまうことに…。

 

 

また、乾燥は肌のターンオーバー周期を乱し、メラニン色素の排出も遅らせます

 

つまり、肌が潤っていることで紫外線の刺激を防ぐことができ、ターンオーバーによってメラニンの排出がスムーズに行えるという事です。

 

 

シズカゲルの保湿成分を、少し確認していきましょう。

 

 

 

保湿成分といえばセラミド

 

もともと人の肌に存在している成分です。

 

角質層で水分を挟み込み、外部刺激から肌を守るとともに、水分蒸発を抑えて乾燥を防ぎます。

 

最強の保湿成分といわれ、肌の水分をしっかりと保持してくれます。

 

保湿成分は、

 

  • 水分を挟み込むタイプ
  • 抱え込むタイプ
  • つかむタイプ

 

この3つに分けられ、一番保湿力が強いのは”挟み込むタイプ”と言われています。

 

※セラミドは、この挟み込むタイプです。

 

 

 

肌を覆って水分を逃がさない”スクワラン”

 

スクワランも、人の肌に存在する保湿成分になります。

 

肌の表面に分泌されると皮脂膜を形成し、水分蒸発を抑えます。

 

 

 

 

 

もともと肌に存在している成分を配合することで、安全に高い保湿力が発揮できるということも、シズカゲルのそばかすケアにおける強みといえます。

 

 

 

 

 

シズカゲルのそばかすケアにおける強み:まとめ

 

そばかすを作る、また悪化させる原因となるメラニン色素に対し、多角的にアプローチができる。

 

肌に潤いを与え、紫外線から肌を守るとともに、ターンオーバーを活性化させる。

 

この2つが、シズカゲルのそばかすケアにおける強みになります。

 

 

 

もちろん遺伝的な要因もあったり、ホルモンも関係している可能性があるので、スキンケアだけですべて解決できるわけではありません。

 

しかし、紫外線の刺激や肌の乾燥が、そばかすに関係している事も事実。

 

  • 悪化させたくない
  •  

  • 少しずつでもいいから、薄くしていきたい

 

そんな方は、美白ケアに特化したシズカゲルでのケアを、1つの選択肢に入れてみても良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

最後に、そばかすについての概要を少しまとめておきます。

 

 

 

 

そばかすについて、3STEPで説明

 

 

そばかすとは?シミとの違いは?

 

そばかすは白人や色白の日本人によくみられ、1〜4oの斑点が鼻の脇から頬にかけて広がったものを言います。

 

雀(スズメ)の卵の模様に近いことから、雀卵斑(じゃくらんはん)とも言われます。

 

 

シミとそばかすの違いを、表にまとめておきます。

シミ そばかす

・形が不定形
・比較的大きい(5mm以上)
・顔の中心よりも外側にできる
・場合によっては、肌の炎症も起きる

・形が規則的
・1〜4mm大きさのもの
・鼻の周囲など、顔の中心に近い場所にできる

 

 

 

そばかすの種類と原因は?

 

繰り返しになりますが、そばかすは遺伝性のもの後天的なものに分けられます。

 

遺伝性のそばかすは幼少期から現れ出し、思春期に向けて徐々に濃く、そして大人になるにつれ薄くなっていくという特徴があります。

 

大人になってから出現する後天的なそばかすに関しては、紫外線や女性ホルモンなどが原因と考えられています。

 

 

 

皮膚科でのそばかす治療の内容は?

 

皮膚科では、

 

  • ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどが含まれた内服薬治療
  •  

  • レーザー治療

 

などが行われます。

 

美容目的の場合は”保険適応外”となることが一般的なので、治療費用などを先生に確認しておきましょう。

 

 

 

 

 

 

今回は、シズカゲルのそばかすに期待できる効果について、まとめさせていただきました。

 

商品の詳細などは公式サイトで紹介されているので、興味がある方はチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

シズカゲルのより詳しい情報は、下記の記事でまとめています。

 

よければ参考にして下さい。