妊娠中から産後のシミ・肝斑⇒ケアの優先順位がポイント!

妊娠中から産後のシミ・肝斑⇒ケアの優先順位がポイント!

 

妊娠や出産をきっかけに、シミに悩まれている方は多くいらっしゃると思います。

 

 

妊娠中や産後に多いのは、妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)というホルモンが原因のシミと、老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)と言われる紫外線が原因のシミです。

 

この2つは混在していることが多く、優先順位を付けてケアをすることがポイントになります。

 

そこでここでは、妊娠中〜産後にできるシミケアの流れとまとめさせていただきました

 

 

 

 

 

妊娠中から産後にできるシミについて

 

妊娠性肝斑(にんしんせいかんぱん)”と”老人性色素班(ろうじんせいしきそはん)”。

 

見た目に特徴はあるものの、この2つは混在していることが多く、改善には一般的な化粧品による美白ケアから美容皮膚科での治療までを視野に入れた対応が必要になります。

 

まずは、2つの原因や特徴などを確認していきましょう。

 

 

妊娠性肝斑

 

女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、それぞれ以下のような作用があります。

 

  • エストロゲン:肌の水分量やバリア機能の維持する作用があり、”美肌ホルモン”とも言われる
  •  

  • プロゲステロン:肌の水分量を低下させるほか、シミの原因であるメラニン色素を作るメラノサイトを活性化する
  • (水分量が減ることで乾燥しやすくなり、バリア機能も低下させてしまいます。)

 

妊娠や出産をきっかけに肝斑が増えるのは、このプロゲステロンが優位に作用してしまうためです。

 

(肝斑はホルモンが主な原因ではありますが、摩擦や紫外線が悪化のきっかけになったりもします)

 

 

 

また、”産後半年〜1年が経過しないと通常時のホルモンバランスに戻らない”とも言われているので、出産を終えてからもシミができやすい状態が続くということになります。

 

これが、”肝斑はホルモンが原因である”と言われる理由です。

 

肝斑は両頬に左右対称にでき、輪郭がぼやけてくすんでいるように見えるのが特徴です。

 

 

 

 

老人性色素班

 

老人性色素班は、紫外線が原因でできる一般的なシミです

 

先ほども書かせていただきましたが、プロゲステロンには肌を乾燥さバリア機能を低下させてしまう作用があります。

 

その結果紫外線の影響も受けやすくなり、『紫外線⇒メラノサイト活性化⇒メラニン生成⇒シミ』という経過を辿ることになります。

 

こちらは紫外線が原因であることがハッキリしているので、UV対策を怠ってしまった場合や、肌の露出部にできてしまうことが多いです。

 

 

 

 

 

繰り返しになりますが、この2つは混在していることが多くあります。

 

また、”肝斑だと思ったが、実は薄いシミが重なっていた”というケースも見られます。

 

的確な診断を受けることも大事ですが、まずは老人性色素班のケアを優先し、それでもシミに変化が見られなかったり、ハッキリと肝斑の輪郭が浮かび上がってきた場合、病院での治療などを検討されるのが良いかと思います。

 

次は、それぞれの対策方法を確認していきましょう。

 

 

 

 

 

妊娠性肝斑と老人性色素班の対処法

 

妊娠性肝斑の対処法

 

一般的な治療手段としては、

 

  • レーザー治療
  • ハイドロキノンの外用
  • トラネキサム酸の内服(人工のアミノ酸)

 

などがあります。

 

ただ、妊娠中や産後は肌が敏感になっていることも多く、尚且つ病院に通う時間が作れないママさんがほとんどかと思います。

 

例えば、

 

レーザー治療は短期間での改善が見込めますが、通院や費用の面を考えると、妊娠や育児期間中に行うのは難しいでしょう。

 

またハイドロキノンは”肌の漂白剤”と言われるほど強力な美白成分で、メラニンを還元して脱色する作用を持っています。

 

効果が期待できる分刺激も強く、医療機関での治療が一般的なので、こちらも通院の問題が出てきてしまいます。

 

そしてトラネキサム酸の内服についても、妊娠中や授乳中は赤ちゃんへの影響も考えられます。

 

検討するのであれば、この場合も医師の指示を仰ぐ事が大切です。

 

トラネキサム酸の内服薬は、”トランシーノU”という名前で販売されています。

 

女性ホルモンに影響を与えないことから安全と言われていますが、”薬剤師が在中している薬局でなければ置いてはいけない”という決まりがある為、ご自身の判断で飲むのは注意が必要です。

 

妊娠中や授乳中の方が使用する場合は、必ず医師や薬剤師に相談してからにしましょう。

 

 

・・・というように、妊娠中や産後は、肝斑のケアを積極的に行いにくい時期といえます。

 

産後1年ほどでホルモンのバランスが整えば、肝斑も薄くなることが多い”とも言われているので、本格的なケアを行うのは1年後の肌の状態を見てからでも良いかと思います。

 

 

 

 

 

肝斑の主な原因はホルモンですが、紫外線や摩擦刺激がきっかけになることもあります。

 

初期の肝斑ケアであれば、美白成分を配合した薬用化粧品による効果が期待できます

 

こちらでオススメの美白化粧品の口コミを検証していますので、興味がある方は参考にしてください。

 

 

医薬部外品認定の美白化粧品の場合、1本で1万円以上するものもたくさんあります。
こちらで紹介させていただいてるものはコスパも優秀で、オールインワンということでケアが手軽な点もオススメです。

 

 

 

老人性色素班の対処法

 

老人性色素班の対処法は、”妊娠中や産後はシミができやすい”という事を念頭において、UVケアを徹底することが大切です。

 

例えば…

 

  • 日傘や帽子、ストールなどを着用する
  • 日焼け止めの使用を忘れない
  • 10:00〜14:00の間は紫外線が強いので、それ以外の時間に外出する(参考:気象庁
  • 美白成分が配合された化粧品を使用する

 

この辺りに注意をして生活することがポイントになります。

 

 

 

 

 

その他のシミ予防法

お時間が取れる方は、入浴後や洗顔後のパックがオススメです。

 

コットンなどにトラネキサム酸やビタミンC配合の化粧水を付けて、顔全体に乗せます。

 

肌に水分を与えながら紫外線などによる炎症を抑えてくれるので、シミの予防につながります。

 

 

またどうしても気になる方は、ホルモンのバランスが整うまでコンシーラーなどで隠すという方法も1つです。

 

 

 

 

 

妊娠中から産後のシミケアについてのまとめ

 

妊娠中から産後のシミ対策の流れについて、もう一度まとめておきます。

 

 

妊娠中や授乳中は、体調や時間の面を考えると、積極的な肝斑の治療をすることが難しいです。

 

なので、まずは紫外線が原因である老人性色素班のケアを優先しましょう。

 

流れをまとめると…

 

妊娠中や授乳中は、紫外線対策と美白化粧品でシミを予防しつつ悪化を防ぐ

 

産後1年を目途に薄くなっていなければ、美容皮膚科などで本格的な治療を検討する

 

という感じです。

 

 

 

肝斑の治療法には、

  • 外用薬
  • 内服薬
  • ピーリング(シミのある古い角質を剥がし、新しい細胞の生成を促す:ターンオーバーを促す)
  • レーザー治療

 

などがあるので、通院期間や費用などを医師と相談しながら、決めていくのが良いでしょう。

 

妊娠中から産後のシミに悩んでいる方の参考になれば幸いです。